クルマのある風景(343)=美濃白川の山村暮らし

 2015-05-09
つちのこフェスタ

343-01.jpg
5月3日は東白川の「つちのこフェスタ」へ。ここ3年続けて参加しています。

343-02.jpg
伝説上の生物である「つちのこ」を捕まえてくると賞金がもらえます。今年はその賞金が126万円になりました。

343-03.jpg
エントリーフィーは1000円で、その中に食券や飲み物券、イベントへの参加券なども入っています。

343-04.jpg
つちのこ捜索隊に参加しないヒトは、メインステージで行われるアトラクションを見たりします。コレは地元の学生やグループによる太鼓演奏。

343-05.jpg
同じく、丸太切り競争。

343-06.jpg
みやげ物や五平餅などの食品も販売されています。

343-07.jpg
小学生までの子供用にはアマゴのつかみ捕りもあります。

343-08.jpg
石で囲んだ特設場所には養殖されたアマゴ゙が放流されていて、文字とおり手掴みで捕獲。

343-09.jpg
その場で処理して竹串に刺してくれ、それを焼いてもらいます。間違えないように名前を書きます。捕れなくとも最低一匹はもらえます。

343-10.jpg
参加券には番号が印刷されていて、終盤に抽選が行われてイイものが当たります。景品の目玉はこの折りたたみ自転車3台。他には飛騨牛とかお米30kgとかいろいろ。

343-11.jpg
で、目の前にその一台が置いてありますが、なんと当たったんですね。まー、子供や孫たちなども入れて総額1万数千円払ってますからその一部を回収、と考えられなくもありません。でも、予期せぬプレゼントは嬉しいもんですね。

343-12.jpg
息子のクルマのトランクに載せて帰りました。折りたたみは便利ですね。坂道の多い岐阜の道でも変速機つきですから実用に使えそうです。
スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫