クルマのある風景(344)=GWの帰り路

 2015-05-09
帰路は白馬に回って山菜を賞味。

344-01.jpg
帰りは1日遅らせてラッシュを避ける。そろそろ山菜の採れる季節と思い、白馬に住む旧知のSさんに電話、R19号をそのまま北上する。ここは道の駅シズモ。山つつじやシャクナゲが綺麗。東山魁夷の博物館もある。

344-02.jpg
道の駅・木曽福島。朝食バイキング600円は内容の割りに安い。裏には御嶽山が見える。まだ少し噴煙を吐いている、眼下には木曽川の流れが見える。

344-03.jpg
塩尻、松本をパスしてR148で白馬へ。八方尾根など山の中腹にはまだ雪が残っている。

344-04.jpg
ちょっと山道を散策。枯葉の下にまだ雪が残っているところもあり、水溜りには水芭蕉が咲いている。

344-05.jpg
カタクリはちょっと紫の色が冴えないけど、葉っぱはウマソウ。

344-06.jpg
アルペン山荘で山菜をご馳走になる。朝から川の下の方まで降りて採取してくれたようです。感謝。コゴミは新鮮でシャキシャキ。

344-07.jpg
タラノメ、、ヤマブドウの芽、コシアブラなどのてんぷら・・・うまそうでしょう・・・わざわざ遠回りするだけの価値があるんですね。

344-08.jpg
白馬からの帰りはR406に抜けてみる。過日の地震被害で工事箇所や路面ひび割れは多かったが、ここも一度は通ってみたい秘境。峠では夕焼けにはならなかったけど、白馬山麓のシルエットが緑の山並みのさらに上に重なって凄い景色を見ることができた。

344-09.jpg
標識ではR406通行止めになっているけど閉鎖はされていないし対向車もあったので、そのまま信州新町を経由してR19で松本にでる。山国の夕暮れは早いけれども残照はまだまだ。春の宵は窓を開けて走れるので気持ちいい。

 その後は空いているR20号で普通に相模湖を回って帰宅。松本で10リッター給油してリセット、その後は全体に下っていることもあって、ドラコン数字は30km/L近くなっていた。
スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(1)
コメント
 高速道路網が充実したせいか、連休中の国道は時間と場所さえ選べば渋滞とは無縁でした。おかげで高速道路を使うことなく北陸へ往復できました。R20など、昔より空いているのでは?と思ったくらいです。円安の影響で今年の連休は国内回帰と言われていましたから、意外でした。
【2015/05/10 02:43】 | Rotarycoupe #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫