クルマのある風景(375)=美濃白川の山村暮らし

 2015-08-15
赤河三河のお祭り。

375-01.jpg
近隣の地区毎に連日夏祭りが行われています。が、この赤河三河はなんと雨に見舞われ散々な進行となってしまった。

375-02.jpg
盆踊りが始まったころからシトシト降り出し・・・やがて本格的に降ってくる。

375-03.jpg
それでも踊っている勇敢な人もいる。離れた場所に停めたクルマまで傘を取りに行ったり・・・びしょぬれ!。

375-04.jpg
夜店をゆっくり楽しむこともできなかったが、それでも何とか焼き鳥をゲット。後で気がついたがココだけ100円高かった。ほかは長蛇の列、または焼けるのを待つ名簿の記名が必要な状態だった。

375-05.jpg
8時、定刻とおりに花火は開始された。観客と打ち上げ場所が近いので、音も凄いし燃えた残骸が降ってくることもあり大迫力。

375-06.jpg
雨雲に阻まれはっきり見えない・・・というかレンズに雨がかかってくるせいかも・・。

375-07.jpg
間近はいいのだが真上でもあり、傘をあげなければ見えない、すると雨にぬれる・・・というコトです。

  雨のお祭りは最悪。せっかくのお楽しみもいい印象として残らない。マゴたちは帰りのクルマの中で眠ってしまった。そんなに遠い距離でもないのに。ま、いろんなお祭りがあります。

  ☆Windows10はメールの送受信ができなくなる・・・(他に原因があったのでしょう)という不具合が生じて、またもとのW-7に戻してしまいました。もう少し経過をみて再度トライしてみたいと思います。
スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫