クルマのある風景(383)=ジャガーXE-S

 2015-09-26
ジャガーXE・Sに乗りました。3リッターV6のシリーズ中最高価格車で769万円。 WebCGの取材です。詳細はアチラで読んでください。

383-01.jpg
340PSの高性能車。ミドルサイズのスポーツ・サルーンの中でもっとも魅力的。ソリッドで無駄な動きが無く、パワフルで敏捷。

383-02.jpg
エンジンはフロントアクスルの真上にドンと載る。

383-03.jpg
前輪は235/35ZR20、後輪は265/30ZR20。路面からリムまでのハイトがこんなに少しだとさぞや乗り心地が悪かろうと想像するかも知れないが、今までに経験したこの手の扁平タイアの中でイチバン快適だった。エアーボリウムとエンベロープ特性でコレだけハーシュネスを見事に収めた例をボクは知らない。バタバタさせない足回りの剛性もサスペンション取り付け部周辺のボディー側剛性も強固。その上でちゃんとストロークさせてからしっかり動きを抑えるダンパー減衰力の設定も適切。ブッシュのコンプライアンスで逃げない点でもお見事。

383-04.jpg
リアシートの居住空間は狭いがすっぽり収まるゆえの安心感はある。このXEは後席重視ではなく運転を楽しむためのクルマだ。そういう見方をするならばジャガーは全車ドライバーズ・カーということになるだろう。

383-05.jpg
ルーフは見るからに低いが、ヘッドクリアランスは一応確保されている。SUVやモノスペースになれてしまうと子供たちからも敬遠されそうだ。

383-06.jpg
トランク部分はセダンとしての標準的な空間が確保されている。 
 歴代ジャガー・サルーンの中で一番身軽で機敏、前後左右Gを得るのに遅れがない。とにかく乗ってオモシロイ車だと思う。
スポンサーサイト
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫