クルマのある風景(388)=稲刈り機

 2015-09-28
稲刈りの季節になりました。カマで手刈りする風景はほとんど見られず、最近はこんな機械で簡単に刈り取られ、お米は袋詰めされて出てくるし、残ったワラはバラバラに粉砕されてそのまま田んぼに蒔かれてしまうんですね。

388-01.jpg
豊作で重みゆえに頭を垂れた稲でも風で倒れた稲でも、救い上げて綺麗に刈ってゆく。クルマを止めてしばし見入ってしまいますよね。

388-02.jpg
大きな機械ですが思ったより小回りが効いて小さく残った部分も大丈夫。

388-03.jpg
これは近隣の農家の方々を集めてデモ走行しているようでもありました。
通りすがりの見物でもオモシロソウ。アッという間に終ってしまいました。

スポンサーサイト
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(1)
コメント
1000万円弱かな
足回り折れる ベルと傷む 籾で金属磨耗
5年償却 100万単位の消耗品交換/年
燃料も相当食います 200Lワンシーズン

十分稼ぎますが
せいぜいトントン
【2015/09/29 10:19】 | 農家 #Gc2eJV/2 | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫