クルマのある風景(040)=美濃白川の山村暮らし

 2013-04-30
黒川の朝市楽座

040-01.jpg
田んぼに水がはられて田植えの時期も近いようです。田んぼにも水道が入っていて、バルブをひねるだけで水が満たされるんですね。

040-02.jpg
4月末とはいえ、まだ朝晩は冷えてクルマの屋根には霜が降りてます。で、太陽が昇る前にはまだちょっとストーブの暖が必要。これは木のチップ(ペレット)を燃すタイプで、一袋が600円程度。燃費としては石油ストーブと同じくらいかなー・・と説明されてます。灯油は18Lで1900円+と結構高い。ペレット一袋で丸一日は持たない。炎のゆらゆらがなんとも優雅で暖かみを感じます。このペレット、どこでも買えるわけではなく森林組合に行かないと調達できない。不便。

040-03.jpg
黒川・佐久田神社の朝市楽座。

040-04.jpg
みたらし団子。焼きたてで柔らかくてウマイ。こういうものは地ものに限ります。

040-05.jpg
草座布団、わっぱ弁当箱、桐の丸テーブルなどちょっと欲しくなるものがいっぱい。

040-06.jpg
庭には水仙がまだ咲いていた。前に住んでいた人が残していってくれたものの中にはイチゴなどもあって、白だけでなくピンクの花が咲いている。どんなイチゴの味がするのか楽しみ。

スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫