クルマのある風景(402)=ポルシェ911GT3・RS

 2015-12-08
GT3・RSに乗るチャンスがありました。

402-01.jpg
ノーズのポルシェ・エンブレムはステッカーというかシールに変えられている。軽量化と空力?の追求というより、レーシング寄りの雰囲気を演出。表皮はカーボンや樹脂製なのでマグネットはつかない。

402-02.jpg
ノーズ内には一応トランク部分もあり簡単なバッグなどの荷物も入る。チンスポのクリアランスは10cm確保されているが、オーバーハング長く路上に転がるペットボトルなどにも注意が必要。給油所などに入るときには車高を上げる装置も備わる。

402-03.jpg
カップホルダーはこのクルマにも必要。ドアハンドルは無く開けるのには赤いヒモを引く。電気作動では緊急時に不安があるから・・・、同じことが一般車にも言えるのではないだろうか。水害などに遭遇してPWが使えない例もあることだし・・・、やはりメカ作動が基本。

402-04.jpg
GT3はレヴリミットが9000rpmだが、RSはストロークを伸ばして排気量を増やしておりコンロッド長を詰めてあるので200rpm下げて。8800rpmがリミット。実害はない。PDKしかないし、いっぱいまで引っ張ってリミッターに当てるよりもシフトアップさせた方が速いと思う。

402-05.jpg
RSはホイールのデザインも専用。21インチとなるもサスペンションやボディ剛性が一段と強固になっており、こんなに大きなホイール/タイアでもバタつくことなく一般路上でも乗り心地は快適。

402-06.jpg
リアウィングは930ターボの時代に比べスリムで軽くなった。でも効果は数倍なのだろう。エンジンフードを開けても本体は見えない。

402-07.jpg
インプレッションはWeb CGをチェックしてみてください。昔はこうした高性能車に乗るとドキドキしたし楽しみだったが、今は速いクルマにあまり興味はない。もうすこしすると911のMT仕様に乗るチャンスがあるかもしれない。
スポンサーサイト
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(1)
コメント
お久しぶりです。

そうですねぇ、最近の速い車は運転しても感動しなくなりました。自分の歳のせいなのか、それとも車とタイヤの出来が良くなり過ぎて、操作に対する許容度が広くなったためかは分からないです。

ところで、写真の撮り方にも因るのでしょうけど、この昆虫を思わせる顔つきはルマンを制した917Kに似通った雰囲気がありますね。気がつけば(車重の違いこそあれ)出力も当時の917に近づいてきており、驚くばかりです。
【2015/12/10 19:32】 | Rotarycoupe #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫