クルマのある風景(403)=村祭り

 2015-12-12
秋にはいろいろなお祭りがあります。

403-01.jpg
黒川の朝市は今年最後。諸事情でロッジを撤退することにしたので、次回は?。でもチャンスがあればまた来春きます。

403-02.jpg
このナオさんの五平餅が一番の楽しみ。6時に起きて予約しに来ないとたべられない、それほど人気です。

403-03.jpg
蘇原地区公民館まつり。軽トラの車体を生かした「タイ焼き屋」は神出鬼没。最近また人気がでてきたようです。

403-04.jpg
中学生吹奏楽部の皆さんはもう近隣ではおなじみ。

403-05.jpg
民謡やカラオケもあります。

403-06.jpg
村芝居は素人芸ながら付近住民近隣の顔なじみの人たちが出演するのでやんやの喝采。

403-07.jpg
コレなんだか知ってますか?。見たことはあるが食べたのは初めて。アケビに似ている。

403-08.jpg
見たとおりそのままの味。個人的にはそんなに美味しいとは思えなかった。

  天智天皇が滋賀県あたりの山地で民家に立ち寄ったところ、その家の老夫婦には8人の子供がいて、なぜそんなに元気なのですかと天皇がお尋ねになると、コレを食べております・・と献上。以来この季節になると献上されているらしい。天智天皇が食された時に「むべなるかな・・・」と感想を述べられたその「むべ」が名前の由来。不老長寿伝説もある。「むべ」の意味はいかにもそのとおり、もっともである。GT3・RSに乗せてもらった時にボクもそう思ったが、順番が逆になるので感想として使わなかった。
スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫