クルマのある風景(417)=パンダ

 2016-01-27
京都の帰路、岐阜にも寄って、早朝に発って横浜に向かう。
417-01.jpg
今回はR19経由ーごんべいトンネルーR20ー甲府ー富士五湖ー御殿場ー大磯・・・と戻るルート。朝は道の駅・木曽福島のモーニングサービスと思って早く出た。10時半のタイムリミットはクリアしたがなんと冬季は土日休日だけ。ココの朝食はバイキングで量的には少なくても色々な種類を食べられるしパンもコーヒーもあるから重宝していたのに残念。地元出身のお相撲さん御嶽海関を応援しているようだ。雪景色の御岳山はこの屋根の向こう側に見える。

417-02.jpg
もうひとつの楽しみである温泉を探して蓼科方面へ。件の「物味湯産」のスタンプはもう10個を数え、あと岐阜からの行き来で利用できる所は長野県の北部しか残っていない。で、GPSの指示に従っていたら途中で通行止め。ちゃんとスノーチェーンも積んでありますが・・・、Uターンして下ったら茅野でいい温泉を見つけた。そこは普通に入湯料を払ったが400円と安かった。

417-03.jpg

417-04.jpg

63000km走って気になっていたオイル交換と燃料フィルター交換を実施。オイルはほぼ1万キロ毎に交換しているが、燃料フィルターの方は3万キロくらいそのまま走ってしまった。外したフィルターは結構黒くなっていたが、マー問題なし。新品は真っ白。

さあこれでまた調子よくなったし、がんがん走ろう・・・・と思ったその翌日、買い物に出たとたん急にクラッチが切れなくなってその場でレスキュウを頼むことになった。前のパンダ100のときとほぼ同じ感じで、ペダルハイトが変わってきたとか滑るとか何の前兆もなく突然ペダルを踏んでもギアが入らなくなった。開けてみないとわからないが、ディスクの磨耗ではなくレリーズベアリングかその辺の習動部に使われている樹脂部品がダメになったんだと思う。ギアシフトの使用頻度から言ってこんなものなのだろうか、クラッチの寿命は6万キロ(パンダ100もそうだった)と思って次の12万キロあたりは要注意か。
スポンサーサイト
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫