クルマのある風景(431)=切井の杵振り祭り

 2016-04-16
佐長田神社の春の大祭。

431-01.jpg
桜はもとより花がいっせいに咲き始めるとお祭りの季節です。近隣の神社はそれぞれにお祭りを開催しますが、とくに打ち合わせがないせいかダブルことがあったり、毎週のようにどっかで行われています。黒い方のみこしは子供達の手で製作されたもの。

431-02.jpg
杵振りの踊りは美濃白川近辺の踊りですが、自治体ごとの特色があり被り物や衣装などが微妙に異なる。杵振りはお祭りの主役で高校生以上が参加。

431-03.jpg
子供みこしは小学生と中学生が参加。

431-04.jpg
花笠踊りは保育園児とお母さん達が参加。

431-05.jpg
町内主要部を一回りしてから会場の体育館運動場に集まって式事が催される。

431-06.jpg
神馬も着飾って登場。今では農耕用の馬も必要なくなり貴重な存在。

431-07.jpg
太鼓打ちはどちらかというと女子に人気がある。

431-08.jpg
巫女さんは神社まで登って奉納舞を舞う。この春に入学した中学1年生女子の担当。背景に控えるクルマたちもお祭り仕様に飾られている。太鼓や笛と奏者もこれに乗って行列に従う。

 行事に必要な準備など、祭り当日だけでなく休日や夕方からの練習も大変。お祭りは全員参加のイベントであるが皆な楽しそうにやっている。
スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫