クルマのある風景(436)=麦草峠

 2016-04-27
帰りは白馬によって山菜を賞味。

436-01.jpg
朝6時半にマゴの登校を見送って7時に白川をでる。朝食はR19木曽福島でモーニングサービス、とここまではいつもと同じ。
昼食を白馬のアルペン山荘に予約。山菜料理を用意してもらう。桜井さん夫妻もお元気。高校時代からの付き合いだからもう50年以上になる。昨年はGW後だったのであまり残ってなかったから、今年はGW前に伺う。

436-02.jpg
奥さん手打ちのそばが美味い。タレがこれまた合うし、山菜てんぷらのタレも秘伝特製。

436-03.jpg
タラの芽や山葡萄の葉もまだちょっと早く、今回はコゴミやクレソンサラダがシャキシャキで美味い。

436-04.jpg
ワサビ菜は料理が難しい。茹ですぎると辛味が無くなってしまう。茹で汁を冷ましておいて2度処理するのがコツらしい。

436-05.jpg
道端にはミズバショウも咲いていて、まだ早春の趣あり。

436-06.jpg
白馬駅からそう遠くないところで「天神の湯」に行ってみる。ココも「物味湯産」の加盟湯。露天風呂からも白馬の山並みが見える。

436-07.jpg
横浜への帰り道は、松本・塩尻付近の渋滞を避けて、信州新町ー篠ノ井ー上田ー佐久を経て蓼科へ。前回は雪で閉鎖されていた麦草峠を越える。ナビで検索したら「八峰の湯」が15km?と出た。直線距離だったらしく走り始めると30kmに増えて?・・・実際にはもっとあったようで暗くなってくる。GARMINナビはクネクネ曲がりが苦手で道筋を追尾不能になる。これはヨーロッパの峠でも同じ。麦草峠は標高2127mもある。ちなみに当ブログのアーカイブ6月・7月を見返してみたら、ヨーロッパアルプスを越える有名な峠、サン・ベルナルディーノもサン・ゴッタルドも2000m超えてはいるけど2100m以下なんですね。

 ちなみに昨年の岐阜ー白馬ー横浜の旅は距離にして676km、今年は580km。時間は朝7時半発で深夜0時58分着に対して今回は0時40分着とほぼ同じ。今年は2度温泉に入れたのが違う。綺麗な景色は最高でした。



スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫