クルマのある風景(442)=岐阜へ

 2016-06-19
今年の梅雨は雨が少ないようです。

442-01.jpg
近所の人がバスツアーで信玄餅の工場見学に行ってきたようです。横浜と岐阜の往復では旅の途中がいろいろ楽しめます。

442-02.jpg
朝早く行くと詰め放題のサービスがあると聞きました。で、やってみたのですが私は11個が限界。歴戦のツワモノは18個入れた人がいましたが、袋の口を決められた方法で縛れないとダメ。時間待ちまで考えると、隣の売店で社員販売と同額の半額セールで十分。ネットで調べるとイロイロでています。

442-03.jpg
辰野から飯田へはまた県道18号線を抜ける。火山峠の文字がどっかにあったはずと探す。

442-04.jpg
ネット読者の方に教えていただいた陣馬形山への入り口が見つかりました。秋になったら通ってみます。ありがとうございました。

442-05.jpg
「物味湯産」の温泉めぐりで飯田の近くに砂払温泉というのがあります。今回はココに寄る。歴史ある風情がいい。この「砂払」という屋号が町の名前になった。

442-06.jpg
駐車場は道の反対側にある。

442-07.jpg
マゴは8歳になりました。誕生日プレゼントでお父さんに買ってもらったラジコンの戦車を早速外の道で走らせてみる。

442-08.jpg
草の上も走るし登坂力もある。いまどきは通販が便利でカタログを見て注文すると次の日には着いてしまうんですね。ジージのプレゼントはまだ未完成、そのうちお見せします。

(追)442-09.jpg
古いランプを銅箔でレストアし薪を削って吊るしました。下の台はCカーのカーボン製ブレーキディスクです。廃品利用ですがランプのガラスが割れていて、灯心も使えないので電灯にし、裸電球では眩しいので銅板でシェイドをつくりソコに名前を切り抜いてやりました。
スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(1)
コメント
葛餅なので地元では余り食べません
県外では人気
自作でもっと美味しく安く出来るはず

「南無業法蓮経」?の多分最大の5m以上の
石碑は141号から500m
枝垂桜が見事 2本
【2016/06/20 10:35】 | 農家 #Gc2eJV/2 | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫