クルマのある風景(445)=濁河温泉

 2016-06-29
帰路はR41へ出て高山の手前から開田高原へ向かう。もう一度二本木温泉へ寄っていこうと考えた。その手前の濁河(ニゴリゴ)温泉という名前をみて、コチラが気になって行ってみる。

445-01.jpg
道の駅ハナモモによって情報収集。県道をそのまま行けば木曽福島に出られそうだ。

445-02.jpg
大平展望台からみえる御嶽山。

445-03.jpg
御嶽パノラマラインという峠道。舗装はされているがすれ違いできないような細い道幅で、クネクネと曲がっていて見通しもよくないがゆっくり走れば問題なし。

445-04.jpg
ニゴリゴ温泉は標高1800mの高地にある。日本一高いところにある温泉とのこと。四国の剣山でも同じようなことが書いてあった。どちらが高いのかはわからないが、秘湯であることは確か。ここも二本木温泉ににて濁っているが炭酸泉ではない。1000円。

445-05.jpg
着いてしまえば大きく立派な建物ではあるが、往復の道のりは結構大変だから営業時間をよく調べてから行った方がよい。

445-06.jpg
県道435号線は工事中だったが長野県側の方がよく整備されているし交通量は少ない。

445-07.jpg
この辺は高橋尚子選手が高地トレーニングを行った場所らしい。岐阜県出身者でもあるのでこの名前がついたのだろうか。

445-08.jpg
御嶽山はいくつかの峰が連っており、どれがなんという名前の山かわからないが、この辺からみると一つの山に見える。この背中方向に乗鞍が見える。

  御嶽山をグルーッと一回りするようなルートになってしまい、今回は横浜着が11時半くらいになった。でも温泉で疲れはとれたしオモシロい道のりだった。富士吉田で給油後のほぼ全体下りではドラコン数字で30km/Lを示していた。
スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫