クルマのある風景(045)=ボルボV40クロスカントリー

 2013-05-07
ボルボV40にクロスカントリー登場。XC40とは呼ばれないようだ。

045-01
ラジェーターグリルのトリムが少し太くなったり、バンパー下の黒い部分などが変更されたが基本的にはV40と変わらない。雰囲気としてはちょっとたくましくなった印象。

045-02
車高も基本的にはそのままで、T5エンジン搭載による補器類などで部分的には若干低いところもある。

045-03
基本はT5のRデザイン。名前のごとくオフロードマシーンというよりも、外装なども楽しめる豪華で高級なV40のAWDモデルというポジションにある。

045-04
ルーフレールやドア下のモールなどにより、クロスカントリーという雰囲気つくりに成功している。

045-05
T5 AWD というプレートも識別点。

045-06
V40クロスカントリーのプレス試乗会はまだ残雪の残る軽井沢で行われた。

 V40シリーズはこのところ矢継早に新しいモデルを追加しているが、これがV40としての真打登場ということだろうか。AWDシステムはハルデックス・カプリングを使うが最新バージョンに変更されている。試乗会で試せる範囲ではそう大きく変わった印象もなく、フルタイム4WDとして4輪に分散されたスムーズな駆動力によるなめらかな走行性と、後輪荷重が増えたことによるテールの落ち着きが感じられる。この重量感覚は乗り心地として全体にどっしりした重さを感じると同時に、T5のトルク感もそれを上回る勢いで、ややミューの低い路面でも強烈なダッシュ力を発揮、迫力さえ備わる。それでも個人的には軽いFFのV40で十分という気がした。これはお金持ちのためのボルボ、ということなのだろう。
スポンサーサイト
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(1)
コメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2016/09/02 14:37】 | # | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫