クルマのある風景(454)=プジョー・ディーゼル

 2016-07-27
プジョーにやっとディーゼルが登場しました。プレス試乗会は御殿場で行われた。

454-01.jpg
最初に乗ったのは1・6リッター120psの方。十分以上によく走る。新エンジンは静粛にしてパワフル。フード裏やエンジン本体上部のインシュレーターもそれほど大袈裟ではない。

454-02.jpg
プレゼン資料。

454-03.jpg
プレゼン資料。

454-04.jpg
プレゼン資料。尿素の噴射量は電子制御されるが多すぎてもいけないから、この辺が各社の技術(ウデ)のみせどころ。13リッターのタンク容量があり1万キロもつらしい。ディーラー価格で一回の補充に5000円程度とか。

454-05.jpg
プレゼン資料。

454-06.jpg
プレゼン資料。

454-07.jpg
GSで聞いた話、ハイウェイパトロールの国産DE車は5000km毎に尿素を補充しているらしい。

454-08.jpg
308はクルマとして魅力的な仕上がりを見せており、そこにDEの経済性が加われば更に魅力を増す。左ハンドルのままでいいからMT仕様があればもっとプジョーらしくなる?のではないか。

454-09.jpg
こちらは2リッター180psの方。パワーは確かに大きいが音や振動もそれなりに増える。おすすめは1・6の方。

454-10.jpg
ヘッドランプやグリルも小変更を受けた。これはGTというスポーティな仕様。

454-11.jpg
プジョーとしてはハッチバックよりSWのワゴン版をたくさん売りたいのだろうか。

454-12.jpg
GTは18インチのタイア/ホイールを履く。

454-13.jpg
ハンドルの上から直接見るメーター類もおなじみのもの。

454-14.jpg
ATの変速パドルはコラムに固定。ハンドルと一緒に回らないのでいつでも同じ位置にある。

454-15.jpg
こちらは508。DEは2リッターのみ。いずれはガソリン仕様をなくして販売の主力はDEになるかもしれない。

454-16.jpg
508も変速パドルは固定。このディーゼル車の最高速度はメーターのフルスケールまで使うようだ。

454-17.jpg
本革製の電動シート。座り心地も横ホールドも上々。

454-18.jpg
軽油の給油口は普通のキャップ点きに改められている。

454-19.jpg
こちらも18インチタイアのGT仕様。

454-20.jpg
本来ならばここにVWのDEも加わってDE市場を盛り上げるはずなのだが・・・・。日本市場は年間1万キロ程度という走行距離の少なさゆえDEの必要性をあまり認めない。カクタスでの経験ではガソリンでもリッター20キロ位走ってくれるから、それでも満足できそうな気がする。個人的には、プジョーといえばやはり直進性と乗り心地の良さが魅力であって、GTの太いタイアによるラフさ加減は容認できない。あれじゃ他のクルマと同じでプジョーゆえの優位差が見出せない。DEははっきり言って1・6がオススメ。

スポンサーサイト
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫