クルマのある風景(461)=マゴマゴふるさと体験

 2016-08-21
岐阜県の美濃白川町では夏休みを使って「マゴマゴふるさと体験」という子供向けのイヴェントがありました。
<初日のラフティング>
461-01.jpg
飛騨川を下ってくるマゴ達の乗るゴムボート。道の駅ピアチェーレ付近。

461-02.jpg
実に楽しそう。R41号の橋の上から声をかける。

461-03.jpg
小学校/中学校の生徒ながらちゃんと漕いでおりそれなりに速い。

461-04.jpg
こんなに深い渕も無事に通過。なんといっても本物の飛騨川をボートで下る体験は貴重。

461‐05
石がごろごろしている浅瀬はイヴェントスタッフ(ボランティア)が下りて押したり引いたり。

461-06.jpg
白川町の職員の方や地元のボランティアのお兄さんお姉さんがボートを岸に引き上げて軽トラまで運ぶ。

461-07.jpg
マゴマゴというのは、地元の子供達(小中学生)とその親や親類など他地域に住むマゴとの交流を深めるためのイヴェントで、両方のマゴ同士が仲良く遊べるようにという主旨。三日間にわたるイロイロな体験を通して、白川町の良さを外に向けてPRするのが狙い。初日はこのラフティングのあと道の駅ピアチェーレの温泉に入って汗を流す。

スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫