クルマのある風景(465)=フェラーリ488スパイダー

 2016-09-07
WebCGの取材でフェラーリ488スパイダーに乗せてもらいました。

465-01.jpg
488GTBに比べてデザイン面でもトップ部分の軽快さがある。カッコいい。

465-02.jpg
ルーフはこうして薄いパネルを2枚重ねるようにしてコンパクトに収納される。
これの基本特許はたしかフィオラバンティの考案と記憶している。

465-03.jpg
エンジンの見せ方はGTBより控えめ。

465-04.jpg
えーっと、ウィンカーは矢印か・・・、ホーンはどこだっけ・・・と探してしまう。9時10分に握る習慣がないので親指の仕事であることを忘れている。

465-05.jpg
フェンダーの盛り上がりがイイ。路面からウィンドウにかけて一気に流れてきた空気の流れは頭髪を揺らすことがない。

465-06.jpg
WBの真ん中に座る。ニュートラルなステア特性をそのまま楽しめる。

465-07.jpg
低い着座位置ながら座ったまま路面に指を触れるのは無理。

465-08.jpg
変速パドルは固定でこんなに長い。

465-09.jpg
スポイラーの下へ空気を流しエンジンルーム内の熱気を効果的に吸いだす。

465-10.jpg
このブルーもいい色だと思うが、やっぱりフェラーリは赤が似合うと思う。

465-11.jpg
ノーズはスイッチひとつでこんなに持ち上がる。GSなどへ入るときの路面段差はこれでOK。

465-12.jpg
前輪は245/35R20。

465-13.jpg
後輪は305/30R20。670馬力を伝えるのにもこれで不足なし。
ミューに頼るグリップよりも接地能力の確かさがポイントか。

465-14.jpg
普段使いの日常性も含めてこれまでのフェラーリの中でイチバン。
3500万円ですか・・・、お金持ちっていいなー・・・。この仕事を続けていてよかった・・・と思う。

スポンサーサイト
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫