クルマのある風景(485) = 伊勢 ・ 鳥羽

 2016-11-29
お伊勢参り。
485-01.jpg
早い時間だと内宮の正面にある駐車場に止められる。ここは最初の1時間無料。次の1時間は500円、その次は30分100円となる。神橋を渡るころには雨も止む。

485-02.jpg
神官の方から伺った話。出雲大社では4拍手でしたがココは・・・?、通常の2礼2拍手1拝でよろしいそうです。ですが、神官の方は内部の神儀では8拝する場合もあるそうです。

485-03.jpg
参道の玉砂利の上にタイアのあとがあった。内部にクルマが入れるのかなーと思ったら、敷地内のみで使われる専用車があることを知る。専用の特殊ナンバーがつく。

485-04.jpg
よく手入れされた神域内は紅葉も綺麗。

485-05.jpg
おはらい横丁の通りにはこんな自動車のオモチャも売っている。

485-06.jpg
干物屋さんには珍しいマンボウやサメの干物まで売っている。

485-07.jpg
初めて伊勢うどんを食べた。やわらかくて食べやすいけれども、ちょっとコシがないようで関東風に比べて物足りない。

485-08.jpg
赤福の女将さんはツバメが目を覚ます朝四時に竈に火を入れるようだ。

485-09.jpg
その立派な竈が本店の店先に置いてある。

485-10.jpg
鳥羽の海女小屋でお昼に焼き牡蠣を食べるのが今回の旅の目的。早めについたのでパールロードを少し走って時間調整。

485-11.jpg
自分で焼いて食べられるお店もあるが、やはり焼き加減は微妙でありプロには勝てない。この駅前の「海女小屋」はそこが絶妙。

485-12.jpg
ボクは海鮮丼にしてみる。焼き牡蠣も1個ついてくる。

485-13.jpg
家内は海鮮の炊き込みご飯と貝類数種の焼きものセット。

485-14.jpg
で、やっぱり焼き牡蠣の単品も頼む。3個で500円と安い。この焼き具合がとにかく美味い。

485-15.jpg
帰路は津にある榊原温泉に寄る。家内がTV番組でみたらしい。トロトロした泉質は付知峡や下呂温泉に似ているがココはもっと濃い感じがする。2時間で1000円。温泉遺産に登録されている。

485-16.jpg
ここはカカシも凝ったものが用意されている。名古屋を迂回してR41号線にでるルートが渋滞。岐阜白川着は23時を回る。

スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫