クルマのある風景(486)=朝市・巨石群

 2016-11-29
金山の巨石群 ・ 今年最後の黒川朝市。

486-01.jpg
雨もあがって気持ちよい朝の風景。

486-02.jpg
もみじの黄色い葉は春のさくらのように存在感を放つ。

486-03.jpg
R41号で高山方面に向かい、下呂温泉の手前の郡上八幡方面へ抜ける道の途中を右折すると、湖を過ぎたあたりに金山の巨石群は現れます。

486-04.jpg
もともとこの辺にあったものではなく、古代人?が太陽の光を観察して時間を測っていたものらしい。人工的な構築物と考えると素晴らしく知的で大きい。

486-05.jpg
ピカリの瞬間的な精度はすこぶる高い。

486-06.jpg
毎月第四日曜日に開かれる黒川佐久田神社の朝市も今年はこれでおしまい。次は来年の3月。

486-07.jpg
焼きたてアツアツのいも餅は50円。

486-08.jpg
椎茸もうまそうだが、うしろのポスターにある天ぷら油(廃油)で走る車という文字に興味を引かれる。DEならばどれでも改造できるわけではなく、メーカーによって改造しやすい例があるそうだ。担当者不在で詳細はわかりません。機会があればこんど取材してきます。
486-09.jpg
BGM演奏の方はいつものエレキバンドだけでなくアフリカ系の歌と踊りもあった。お母さんが小さな子供をあやしながら・・・というローカルな味がイイ。ドイツでよく見かけた家族ぐるみでやっていたサーカスを思い出す。

486-10.jpg
このお祭りが終わると、寒い冬がやってくる。でもこの日は比較的温かく、東京では雪が降っていたとは信じられないくらい。
餅投げも行われて10個くらい拾えた。もちろんナオさんの五平餅も買えた。マゴたちは別のイベントあって不参加。
スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫