クルマのある風景(488)=義仲館

 2016-11-29
横浜への帰り道、木曽義仲旗揚げの地へ行ってみる。

488-01.jpg
いつものようにマゴの通学を見送ってから白川を出て、R19号線の道の駅木曽福島には1時間40分ほどでつく。御嶽山は真っ白く冠雪しているようだったが全容はみえず。

488-02.jpg
朝食バイキングは今月でおしまいと思っていたら12月いっぱいは継続されるようだ。コレは洋定食で野菜サラダが美味しい。オニオンスープもうまい。コーヒーもついて600円は安い。

488-03.jpg
R19号をもう少し先に行って、開田高原への道へ左折してしばらくすると二本木温泉の看板が見えてくる。榊原温泉もよかったがやはり炭酸泉のココは一番気持ちいいように感じる。

488-04.jpg
義仲館へ行ってみたら本日休館となっていて中には入れず、残念。また次回。

488-05.jpg
権兵衛トンネルを抜けてグリーンファームにも寄る。ここは南アルプスと北アルプスの山脈の間にあって大きく開けた雄大な景観が素晴らしい。遠くに見える甲斐駒ケ岳は真っ白く冠雪している。

488-06.jpg
そしてR20号に入り韮崎あたりからは正面に富士山がみえる。この日は雲の上にチョコンと頂上だけが見えて、一段と高さが強調されていた。

今回の京都・伊勢・鳥羽そして中継基地の岐阜往復も含め1541km走行。燃費は20・8km/Lとそれほど伸びなかったが、92800kmの通算では21・7km/L。

スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫