クルマのある風景(507)=切井の杵振り祭り

 2017-04-11
切井の佐長田神社では春の大祭・杵振り祭りが行われた。
前夜来の雨で体育館内のインドア開催との見方もあったが、次第に雨も上がって30分遅れで進行。
507-01.jpg
保管庫から引き出された山車はスタート地点まで押して行かれる。坂道なのでちょっと動かすのにも大変。

507-02.jpg
子ども神輿は小学生の担当。

507-03.jpg
杵振りは高校生らしき青年グループと大人の2班構成か。

507-04.jpg
ピーヒャラ、ピーヒャラと楽団演奏も生で行われる。

507-05.jpg
小学生女子とお母さんは花笠音頭を担当。

507-06.jpg
神馬も3頭登場。農耕馬を使わなくなったのでこのためだけに飼育しているようだ。

507-07.jpg
一本歯の高下駄を履いた天狗も登場。

507-08.jpg
天狗とオカメはその歳に選ばれる限られた条件がありステータスとなっている。

507-09.jpg
オニの持つ金の斧で頭をなでてもらうナマハゲ的健康行為。顔が怖いので小さな子どもは泣き出してしまう。

507-10.jpg
杵振り集団は踊ったまま神社の社屋まで登りそのあと神事が1時間ほど続く。

507-11.jpg
雨でぬかるんでいるのでグラウンドは使えず、神社前の広場と道路を使って行われる。今回はそのまん前にあるマゴの親友の家の駐車場に停めさせてもらえたので時々休憩。

507-12.jpg
ここの五平餅もうまい。2本食べてしまった。

507-13.jpg
こんなお弁当の昼食をパンダの中で食べる。

507-14.jpg
神官や巫女さんたちも並んでみる。

507-15.jpg
雨が降らなければこの水田にローソクを浮かべて夜の杵振りを映像で撮る計画もあったようだ。

神事や太鼓囃子などまだイベントは続いていたが、前夜京都から来て朝もフツウに起きたので睡魔に襲われ早めに退散して昼寝する。夜は親が各々いろいろな集会で忙しく、マゴ二人連れて恵那のファミレスへ食事にいく。ジジババにとってはコレも嬉しい。
スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫