クルマのある風景(509)=ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー

 2017-04-24
ウラカンRWDスパイダーに乗りました。

(スミマセン、移動中で文字まで書けませんでした。)いつものことですがWebCGに載っていますので中身はアチラをお読みいただいた方がいろいろ情報が充実しています。
509-16.jpg
キャビンは天地に薄いけれども幅広なのが現代のスーパーカー。

509-02.jpg
509-03.jpg
ルーフは布でもクーペっぽいスタイリングでキャビン内容量も大きい。

509-04.jpg
最近の例にもれず、カバーの中にルーフがそのまま収納される。電動機構の作動は素早く剛性も高いので低速ならば動いていても開閉可能。

509-05.jpg
やはり開放感はぜんぜん違う。開けて走るときの方が多い。

509-06.jpg
エンジンは見えない。このフタはオイルチェックをするときのもの。

509-07.jpg
フツウの目線から見て、室内はこれだけ見える。

509-08.jpg
センターコンソールにスイッチ類の重要な部分が配置されている。

509-09.jpg
白いシート地にイタリアの三色旗とウラカンの文字が入る。

509-10.jpg
正面の画面を切り替えるとナビ画面を表示できる。

509-11.jpg
ハンドル下端の赤いものでパワーの出方を三種選べる。

509-12.jpg
西相バイパスを70km/hでクルーズ。どんどんギアポジションを上げていっても、負荷に応じたところを自動で選んでくれるのでまったく痛痒なし。現代のスーパーカーはフツーに扱えるのでAT免許の若葉マーク者でも乗れてしまう。

509-13.jpg
昔は油圧計などに注視していたけど、今ではまったく無関心でいられる。

509-14.jpg
2ペダルとフートレスト。

509-15.jpg
ウラカンの後姿。

スーパーカーに乗るのは久しぶりで面白かった。RWDは「ヤスイからネー」なんて言える身分が羨ましー。
2788万5924円。


スポンサーサイト
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫