クルマのある風景(515)=黒川の朝市

 2017-05-30
第四日曜日なのでまた黒川の佐久田神社へ。

515-01.jpg
道の駅・白州、ここの水は確かに名水だ。今まではペットボトルに入れて旅の間の飲料水にしていたが、この水でコーヒーを淹れてみたらウマイことがわかったので、今度は大きな容器を用意してゆく。腐らないらしく大きなタンクで業務用に運んでいる人もいる。朝6時に出たらここに10時26分着。

515-02.jpg
R19の道の駅・日義・木曽駒高原には江戸と京都の中間地点であるという石碑がある。ここが我々の昼食地点。

515-03.jpg
その後道筋も変わったし、今なら266kmよりもっと近いかもしれない。ちなみに横浜の自宅より御殿場ー籠坂峠ー精進湖ー南アルプス市ー茅野ー杖突峠ー高遠ー権兵衛トンネルーR19ルートで車載メーターは267km。

515-04.jpg
そして往きには二本木温泉による。新しく物味湯産の手形を買おうと思ったら、最近になってリストから外れてしまったとのこと。もう買えない。やむなく6回/2800円の回数券を買う。

515-05.jpg
翌朝、黒川の朝市へ。9時からとなっているが、ちょっと早かったのでまだ店も全部出ていない。準備中。

515-06.jpg
ほう葉寿司や栗おこわ、そしてナオさんの五平餅、みたらし団子、タコ焼きなどで朝飯とするのが最近の慣例。早く来てこれらを買って家に持ち帰って食べようと思っていたら、すぐ後を追ってみんな来てしまったので、境内の森の中で食べる。裏には黒川の流れがあって涼しい。

515-07.jpg
ナオさんは毎回200本位用意するらしいが、予約がその9割以上を占めるとのこと。当日に来て食べたかったら早くくるしかない。
私はもう常連だから毎回10本確保してもらっている。

515-08.jpg
関市からきている刃物屋さんの掘り出し物。もちろん実用にも使えるが、最近ではインテリアの飾り物となることも多いらしい。

スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫