クルマのある風景(516)=安曇野・鈴虫温泉

 2017-05-30
月曜の朝、いつものようにマゴ達を集団登校の集合地点まで送ってから帰路につく。

516-01.jpg
今年はナンジャモンジャの花が遅い。真っ白で繊細な花びらはまるで雪が枝に載っているように見える。

516-02.jpg
まだ咲き始めたばかり。次に来る頃にはもう終わっているだろうか。大木になるらしく適当な時期に切ってしまう人も多いらしい。この樹の盆栽を作ると面白いかもしれない。

516-03.jpg
玄関の軒先には今年もツバメがやってきて子育てしている。

516-04.jpg
朝の散歩はこんな木々の間から木漏れ日が射す。この気持ちよさはたとえようも無い。

516-05.jpg
この日の朝の御嶽山。ちょっと頂上付近には雲がかかっている。

516-06.jpg
木曽の山々はいろいろな木が生い茂っていて緑も色とりどり。

516-07.jpg
物味湯産手形でまだ行っていない場所を探していってみる。ここは松本から青木湖へ抜けるR147の安曇野付近。前方は北アルプス白馬岳方向。鈴虫荘という温泉へ行ってみる。ここも手形で入れるのは今回が最後と言われてしまった。新しい手形はここでも入手不可。ふだんの入湯税は500円。湯質は弱アルカリの放射能泉ということになっている。
スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫