クルマのある風景(522)=黒川の朝市

 2017-06-28
今月は法事や試乗会で栃木県へ二度、そして清里の試乗会などもあり、岐阜へは二回しかi行けそうにない。

522-01.jpg
パンダの車検は先週戻ってすぐCARBOX横浜へ持ち込み、木曜日に完了。翌日に岐阜行きとちょっとあわただしい。ここは周囲が山に囲まれている昼神温泉。物味湯産の手形が使える温泉はこの近辺に5箇所あるが、時間規制などもあって7階にある天心風呂に入ったのは今回初めて。ここは三時までしか入れず到着時間が難しい。泉質はどこも同じようなトロトロ系でよく暖まる。昼神はどこも気持ちのいい温泉だ。

522-02.jpg
第四日曜日は黒川の朝市とお馴染みの行動。梅雨時とあってエレキバンドの演奏はビニールシートの下で行われた。

522-03.jpg
ナオさんの五平餅は予約済みなので安心。

522-04.jpg
ここでタコ焼きと栗おこわを買うのが習慣。栗おこわは売り切れ寸前で1パックのみ確保。

522-05.jpg
もちろんみたらし団子も食べる。ここのタレはアマダレ。これらで朝食とする。

522-06.jpg
漬物も買う。黄色いのはズッキーニで漬物の作りかたも親切に教えてくれる。もう皆さん顔なじみなのだ。

522-07.jpg
今回、男の子は野球の練習試合で可児へ。女の子はクレーンで飴などを吊り上げるこの遊具に興味をもったが、自分ひとりでは言い出せないので一緒についてゆく。10円玉でOK。一回でうまく成功させてご機嫌。

522-08.jpg
月曜の朝は集団登校の集合場所までおくる。クマ避けの鈴をリンリンと鳴らしながら一緒に歩いてゆく。こんな他愛ない日常生活もジジババにとっては楽しいひと時。

522-09.jpg
いつものように恵那に出て、R19の木曽福島で朝食を食べ、ごんべいトンネルを抜けて高遠へ。杖突街道には白い蕎麦の花が咲き始めている。田んぼの稲の緑と対照的であるが、どちらか一方の作物しか穫れないのだからどちらを採るか悩むのだろうか。

522-10.jpg
今回の帰路は物味湯産の手形を使える適当な温泉が浮かばず、久しぶりに山中湖から道志みちに入って道志温泉によって帰る。道志温泉は横浜市民を優遇してくれ390円で入れる。
スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫