クルマのある風景(529)=ゼロ磁場と富貴の湯

 2017-07-25
今月の岐阜往復は一回。往きはゼロ磁場の温泉へ、帰りは富貴の湯に寄る。
529-01.jpg
久しぶりにゼロ磁場の温泉に行く。R19で茅野、そしてR152の杖突峠を越えて高遠の少し先、分杭峠の手前にある。ここの温泉はトロトロの湯質だが、この日はよりトロトロ具合が濃い感じだった。

529-02.jpg
分杭峠の手前を右折、中沢峠を越えて駒ヶ根のR153号へ。そして飯田ー昼神ー南木曽ー恵那へと抜ける。

529-03.jpg
今回は2泊3日の旅。マゴは赤とんぼという少年スポーツのイヴェント・・・と休日とはいえなかなか遊んでもらえない状況。そして横浜の自宅では、家内の家庭菜園の水やりが心配。雨が少ないのですぐ帰ることになる。レインXを塗ってあるので水をよく弾く。帰りは南木曽の先の富貴の湯へ。そしてUターンしてR19で木曽福島で昼食。権兵トンネルを抜けて伊那ー高遠ー白州と回って、最終的にウチには10時半に帰宅。

529-04.jpg
ウラの家庭菜園で穫れた茄子ときゅうり。マゴたちはもぎ取るのが面白いらしい。

529-05.jpg
トーモロコシはまだちょと白くて早いが結構甘い。昨年はリスにあらされてしまったが、今年は網をかけて防備。それほどの量があるわけではないが、家内の労作ゆえ大事。
スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫