クルマのある風景(053)=パンダⅢ

 2013-05-21
新しいパンダⅢの試乗会に行ってきました。

053-01.jpg
三代目パンダもイタリア製。ポミリアーノ・ダルコ工場でつくられる。この遊び心がイタリア。

053-02
初代は1980年に登場。二代目は2004年のヨーロッパ・カーオブザイヤーを獲得。三代目はこの2代目を基本とした改良版。

053-03
スリーサイズは3655×1645×1550㎜。一回り大きくなった印象もあるが依然として5ナンバーサイズ。
口元はクーボのような雰囲気もある。シックスライトの後部窓は二代目の特徴を伝える。

053-04
ステアリングホイールはふくらました四角形的で、このモチーフが文字などにも使われている。

053-05
旧型のオーナーとして最初に目についたのは、この後席の足元の広さ。そして3人掛けのシート。

053-06
ドアやダッシュボードの棚などのビニール被覆にも小さくPANDAの文字が入っている。よく見ないときがつかないほどでイタリア人の遊び心が出ている。

053-07
ライトを点けるとこんな感じ。

053-08
WBは2300㎜と同じでも室内長は20㎜延長されている。

053-09
場所は田町にあるフィアット・クライスラー・ジャパン本社。もちろん旧型パンダ100で出かけた。写真で見ると大きくなったように見えるが、並べてみると骨格はそれほど変わらないように感じる。

 この日はお台場を往復しただけであまり乗れなかった。またちゃんと乗れる機会もあるでしょう。ツインエアーの2気筒エンジンは元気いっぱい。アイドルストップもせわしなさが改良されて落ち着いた。208万円はプジョー208とかVW-UPと比較されるでしょうね。私の個人的な好み・意見はもう少し先に送ります。これら3台に興味あるみなさん大いに悩んでください。
スポンサーサイト
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫