クルマのある風景(537)=秋色

 2017-09-01
朝市もないし、どうしようかな・・・と思ったのですが、やはりマゴの引力は大きなものがあります。

537-01.jpg
朝6時頃、東の山の上からピカーッと朝日が射して、雲は消えてなくなります。涼しくてよく眠れることも魅力ですが、朝の気持ちよさは格別。

537-02.jpg
今年は雨が多く日照時間も少なく稲の生育が心配でしたが、ま、順調に育っているようです。次に来るころには刈り入れも済んでいるでしょう。

537-03.jpg
往路は道の駅「しずも」の一画にある東山魁夷の美術館を見てきました。気にはしていたのですが、今回はちょっと早めに出て間にあいました。

537-04.jpg
東山魁夷が木曽の山に入って、その後の画風を見出した経緯なども知ることができました。

537-05.jpg
こんな小さな花火でも喜んでくれます。

537-06.jpg
最後は線香花火ですね。ちゃんと終結させるまで難しいけれどもマゴ達はこれが気に入っているようです。

537-07.jpg
民家の周りや道端には今この花が咲き誇っています。赤白ピンク紫・・・といったいろいろな色があります。サルスベリは赤だけだとちょっと暑苦しい。

537-08.jpg
集団登校は先頭の6年生に続いて1年生・・・最後尾は5年生が勤めます。夏休みの宿題をもって・・・、2学期が始まりました。坂道を下って反対側の山の中腹に見えるのが小学校の校舎。

537-09.jpg
復路はR19を北上して松本の先から美鈴湖に出て、美ヶ原を越えてうつくしの湯へ。

537-10.jpg
美鈴湖は初めてです。冬季は氷結するようですね。

537-11.jpg
標高2000m位のところを越える武石峠。そして佐久に向かって下った辺りに「うつくしの湯」があります。ここも物味湯産の手形で入れるところです。その先は白樺湖経由で茅野に下りて、南アルプス市ー精進湖ー河口湖ー籠坂峠ーR246-大井松田ー大磯と帰ってきました。今回は中間点の茅野から茅野までの480kmくらい走った平均燃費で21・6km/Lでした。
スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫