クルマのある風景(539)=RANGE ROVER VELAR

 2017-09-15
RANGE ROVER  VELARのプレス試乗会は軽井沢で開催された。

539-01.jpg
旧軽井沢ホテルの駐車場に並べられたVELARたち。

539-02.jpg
レンジローバーやディスカバリーとのポジショニングを示した表。エンジンなどの仕様により価格的にもかなりラップしている。ヴェラールは4気筒2Lターボ・ディーゼル180馬力仕様の699万円から3リッターV6の380馬力ファーストエディションの1526万円までと広範囲にわたる。

539-03.jpg
実際の中身はほとんど同じと思われるが、エアサス仕様はこのように自動で車高が変わる。

539-04.jpg
試乗車のエンジンはV6の380ps版だった。ガソリンEは4気筒の250psと300psもある。全部で33モデルがカタログに載っている。ギアボックスは8速ATのみ。

539-05.jpg
Aピラー内張りの白はうつり込みが強い。

539-06.jpg
表示はすっきりしていて見やすい。コンソール上のダイヤルが変速機のコントロール。ハンドルのスポーク部分には+-のパドルが備わる。サイドブレーキはオート。

539-07.jpg
リアシートも快適空間にして座り心地も上々。そんな風に見える。

539-08.jpg
トランクのフロアを起すとバッテリーが現れる。

539-09.jpg
この日の浅間山は頂上付近に雲があって上は見えず。後姿はレンジローバーともディスカバリーとも違う。

539-10.jpg
顔は一見してグリルやRRロゴからすぐわかるが、ギラギラとメッキが輝く日本車のこの手の車に比べてすっきりしているし、繊細で高価そうな印象も強い。

539-11.jpg
ツルンと丸っこい表面処理は空力特性もよさそうだし、シンプルで好感が持てる。

539-12.jpg
ピラー類の処理でレンジやディスコとの違いが判る。けど、全体系はまさしくRR一族のフォルム。

539-13.jpg
ドアハンドルは停止している時に飛び出てくるタイプで、走行中はパネル面と一体になって線だけが見える。

539-14.jpg
ヘッドアップ・ディスプレイは鮮明で読みやすい。これも交差点などではナビ画面も加わる。

539-15.jpg
マトリクス・レーザーLEDヘッドランプ。

  同じような車種がたくさんあるので選ぶ楽しみはあるのだろうが、個人的な好みを言わせてもらえば、外観はイヴォークかヴェラールがイイな。内装は布張りシートでエンジンはガソリンの250ps版、8ATしか用意されないのは残念。稀少なんだからMTを高く設定して売ればいいのに・・・。

スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫