FC2ブログ

クルマのある風景〔591〕=フェラーリ288GTO

 2018-07-02
CG誌の取材でフェラーリ288GTOに乗るチャンスがありました。

591-01.jpg
やっぱり288GTOが一番思い出に残るフェラーリですね。

591-02.jpg

この日の箱根ターンパイクには外国からの観光客も多く、目ざとく撮影現場に現れ「凄いクルマですね写真とってもいいですか?」と話しかけてきた。オーナーの許可のもとしっかり撮影していった。

591-03.jpg
縦置きエンジンのミドシップ・マウント。リアアクスルよりエンジン本体は車体内側にあり、ドライブシャフトはこの写真のインタークーラー下あたりに位置する。WBの延長でヨー慣性モーメントも小さく改善されている。

591-04.jpg


591-05.jpg


591-06.jpg
フロント・ウィンドウに張られたタイアサイズ表が正規輸入車の証し。クレルモンフェランのミシュラン・テストコースで乗せてもらったときにはミシュランMXXが装着されていた。

591-07.jpg
この角度から見たときが一番288GTOらしい。ギアボックス後端がバンパー下にちょっと覗く。

591-08.jpg
288GTOをデザインしたフィオラバンティ本人のサインが来日時に書き込まれている。

CG誌今月号に載っていますので、チェックしてみてください。
スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(3)
コメント
308をルーツに持つとは思えないスペチアーレですね。
発売当初やブーム前は高くなかったと聞いてビックリ。

小生、いま不人気の612スカリエッティに乗ってますが、ヒョンな事でも起きて高騰しないかなあって思ってます!
【2018/07/03 08:27】 | クルマオヤジ #- | [edit]
見た目がF40の仰々しさとは全く違う、その中に秘めた野生が良いですね。

資産都市ではなく、日常の中に「自動車」として
活躍して欲しいです。
【2018/07/03 18:36】 | こうじ #- | [edit]
貴重なお写真ありがとうございます。
当時を色々思い出します。
F1もグループCもポルシェが強くて、ホンダF1がたまに優勝しただけでニュースになっていたり、タイヤの扁平率がまだそれほどでもなくてハイパワー車をおっかなびっくり乗っていたり、ABSが普及する前なのでスクラブ半径もそれなりにあってステアリングフィールが自然だったなとか、でも車によってはパワステがダメだったよなぁなどなど。そういえばターボタイマーが当たり前の時代でしたね。オイルはまだまだ鉱物油が主流でターボ車は気を遣いました。

また、携帯電話がない時代で、当時はどうやって人と待ち合わせしていたのか思い出せないくらいです。

1台の衝撃的な車がきっかけとなり、色々なことを思い出させてくれます。本当に素晴らしいことです。
【2018/07/03 23:37】 | Rotarycoupe #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫