FC2ブログ

クルマのある風景(601)=クラッチ故障

 2018-09-26
岐阜や長野まで行かなくとも、近くで気軽に行ける温泉として道志の湯がある。
他にもあるかなーと探してみると八王子の先にツルツル温泉というのが見つかった。

601-01.jpg
日の出町は八王子などを眼下に見下ろす多摩丘陵の中にある。

601-02.jpg
ツルツル温泉の上へ上がっていくと梅野木峠にいたる。

601-03.jpg
ツルツルした泉質は長野などの温泉と同様気持ちいい。

601-04.jpg
その帰り道、鵜ノ森交差点通過時に突然クラッチが切れなくなった。それまで渋滞していたわけでもなく普通に流れていて、ギアシフトしようとしたらペダルの踏み代に違和感。惰性でころがし立体交差の側道脇に止める。またしてもレッカー車に載せられる。

601-05.jpg
つい一月前にCARBOXでクラッチO/Hしてもらったばかりだ。1回目が6万kmあたりだったから14万kmならば・・・とも思う。しかし滑っている気配もなく予兆無く突然というのが困る。3回目は3000kmでまたしても同じだ。CARBOXに電話するとすぐには救助に来てもらえないことがわかり、保険でレッカーを頼む。レンタカーは日産ノート。e-Powerを希望したがナシ。

601-06.jpg
2万5000kmほど走っていた車だが、シートの経たりが進行しており背中にハンドブックを入れておかないと腰痛になってしまいそう。またリクライニングのレバーが写真のようにベルトで隠れてしまうなど、不具合もある。燃費は思ったほど延びず12~13km/Lといったところ。

601-07.jpg
CARBOXで用意してくれた代車はルノー・クリオrsの6MT車。ニュルブルで世界最速を記録した市販車だったかなー?。これはもう16万km以上走っているデモカーではあるが、シートはしっかりしているし2Lエンジンは低速トルクがあって、2000rpm以下で転がせる。9月の月末は黒川の朝市があるので今回はこれで往復する。乗り心地が少々硬いのが難点。燃費はノートより少し良好ながらハイオクなのでトントン。でも金額的にはどちらもパンダの2倍強。早くパンダ君治ってくれないかなー・・・。
スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(3)
コメント
こんばんは。

先日、13年間保有したVW BORA V5を手放しました。
駐在先に戻った直後、これ以上直しながら乗れないとの判断を下さざるを得ず。ディーラーの方に連れていかれるところを見送ることもできずに、寂しかったです。
でも本当によく走ってくれる良い車でした!

家内が使用することを中心に考える状況なので、次の車は
Up!にしました。

笹目さんのパンダ君、早く完治するとよいですね!
【2018/09/27 05:35】 | るぼの #- | [edit]
いつも楽しく拝見しております。

私の周りでは、ディスクが磨り減る前にリレーズが壊れる傾向があります。部品を調査したメーカーいわく、通常は滑らせることで熱が発生し、その温度に合わせてグリスやクリアランスを選んでいる、まったく滑らせないクラッチワークを続けると勝手が違うのだとか…本当ですかね。

でも滑らせないことでディスクが摩耗せずに、リレーズが先に参ってしまうのは確かだと思います。

笹目さんがS13をテストされていた頃、シフトアップはゆっくり、ダウンはダブルクラッチで回転を合わせれば早くて構わないと書かれていたことを、以来ずっと実践しております。
【2018/09/29 22:32】 | Rotarycoupe #- | [edit]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2018/11/15 08:05】 | # | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫