FC2ブログ

クルマのある風景 (625) = 暮坂峠

 2019-01-12
読者の方から教えていただいた「黒い湯華」が気になって・・・暮坂峠に行ってきました。

625-01.jpg
まず沢渡温泉へ。朝早くでて3時ころには着きました。

625-02.jpg
共同浴場は300円。熱くてすぐには足も入れられなかったが、そのうち首までちゃんと浸かれるようになる。山形の小野川温泉もこんな感じの熱い湯であった。硫黄の香りはほんのり程度だが、ピリピリした何かわからない強い刺激がある。お湯は澄んでいて無色透明。とにかく温まる。長湯は禁物で湯当たりしそうになって、とりあえず前に停めたパンダに退避。駐車は4台くらいなら可能。

625-03.jpg
そのまま先に進むとこの標識がある。県道55号線。

625-04.jpg
道はやがてシャーベットが凍ったようなアイスバーン状態になる。パンダは4駆だしミシュランX-iceのグリップもあってフツウに走れる。ただしABSの作動点は少し早まる。


625-05.jpg
暮坂峠の頂上付近のPはこんな雪原状態。夕陽が沈みはじめて西の空が明るい。

625-06.jpg
この正面の小高い山の上に徒歩で登れる本来の暮坂峠があるようだ。若山牧水の歌碑などがアチコチにある。

625-07.jpg
山水の流れはそれなりに水量豊富。石の上に積もった雪景色がいかにも寒そう。

625-08.jpg
草津側への下りは沈み行く夕陽とその蔭がクネクネ道を照らして峠らしい雰囲気を盛り上げる。

625-09.jpg
下りきって川を渡ったところに道の駅「六合」がある。クニと読む。この中に応徳温泉くつろぎの湯という日帰り温泉あり。400円。ココに黒い湯の華が浮かぶ・・・という話だったが、季節的な関係か見ることはできなかった。また今度来てみましょう。

625-10.jpg
そのまま進んで国道145号線に出ると、八つ場ダムの駐車場にイルミネーションが展開していた。

625-11.jpg
帰りはそのまま中之条に下って、渋川にでて熊谷に出て、入間から16号・・・八王子を回って帰宅しました。12時には着くかとおもったのですが20分ほど過ぎていました。今回は440kmほどで21・7km/L。

群馬県の温泉もイイ湯が多いですね。個人的には六合より沢渡の方が熱くてよかったと思います。六合はちょっとぬるい。また時々訪れてみたい温泉ですね。読者の皆様いろんな個性的な温泉教えてください。パンダで行けるところなら何処へでも伺います。

スポンサーサイト



カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫