クルマのある風景(067)=パンダ Ⅲ

 2013-06-21
Web CGの取材で再びパンダに乗るチャンスがやってきました。
067-01
箱根を走ってきました。ウチのパンダよりちょっと大きく重いしパワーは少ないけど、よく走ることに感心した。箱根新道の長い急坂でもスロットルを一杯に開ければ結構速い。やはりターボの威力は大きい。

067-02
並べてみてもそれほどのサイズ差は無いように思うけど、やはり中に乗ってみると広い。シックスライトの小窓の処理が旧パンダに似ている。

067-03
シートは着座位置が少し低くなりルーフは高くなった。ダッシュの棚というか物入れも使いやすい。

067-04
ハンドルが四角く見えたのはリムの装飾プレスが四角いからで、ハンドルの外形そのものは丸い。

067-05
この丸っぽい四角というか、四角っぽい丸がデザインテーマで、いろいろな部分に反復使用されている。

067-06
ブレーキペダルは左右どちらのアシで踏んでもいいように長い。アイドルストップさせた時、再スタートは先に右足でエンジンスタートさせてからブレーキを離した方が挙動はスムーズ。それにはBペダルは左足で踏んだ方がやりやすい。

067-07
2気筒ツインエアー・エンジンの外観は結構大きくみえる。

067-08
燃料タンクのフィラーキャップは最近の傾向としてナシ。リッドのふたそのものがきっちり封鎖する。このタイプを初めて見たのはもう10年ほど前のメガーヌだったが、日本車ではまだ見かけない。私が知らないだけかもしれない。

067-09
インプレッションはWebCGをチェックしてみてください。近々に公開されるでしょう。

 個人的な選択が宿題になっていたが、ボクはパンダを採る。やはりクルマはまずカッコウで選ぶ。イタリアのデザインはシンプルで品がある。ディテールの処理は常識的ではあるがきっちり煮詰められた完成度を感じる。P208はカドの丸め方とか細部の処理が初心者レベル。ラジェーターグリルの枠はやり直し必要。エンジンはP208の3気筒の方がスムーズ。パワーの点はどちらもいいけど排気量は小さい方が面白い。P208にはMTがあるけどパンダにはナシ。UPはヒトに聞かれたらイイクルマですよと答え、おすすめするけど自分では買わない。ブレーキとアクセルペダルをダブって踏むと、エンジンが失速する点はどうしても受け入れがたいから。左足ブレーキ派はみなさんそう思っているでしょう。
 では今すぐ旧パンダから乗り換えるかと聞かれれば否。いずれは出てくるであろう仕様を希望すると、1・3リッター・ディーゼルの5MTでビスカス4WD、コレが出てくれば欲しいと思うでしょうね。

スポンサーサイト
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(1)
コメント
この答えを楽しみにしていました。たぶん、パンダだろうと思いましたが、ENGINE誌で「乗っていれば外観は気にならない」と書かれていたので、208かも、などと勝手に推測していたわけです。正解?を見て、なるほど、と思った次第で。
私も個人的には、Panda 4X4 。Twin Airでもいいかな、左で入れてくれたら、シシリアオレンジで乗りたいと空想しております。(ここは、きっとフィアットの方も見ているでしょう?)
【2013/06/21 14:53】 | N7 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫