クルマのある風景(088)=美濃白川の山村暮らし

 2013-08-03
切井の夏まつり。

088-01.jpg
西の空に夕日は落ちて、会場に照明がともるころに到着。楽しみにしていた美濃加茂高校ブラスバンドの演奏はもう終わっていた。東北旅行を早目に切り上げて前夜遅く戻ってきたのだが、やや疲れ気味で昼寝が長かったのが敗因。

088-02
終盤にはエレキギターの演奏でベンチャーズを流すなど、我々年配むけの配慮も十分。

088-03
食べ物の屋台なども盛況。昔ながらのヒモを牽く景品とか輪投げ的な遊びもまだまだ現役。

088-04
やや異色ながら洋食ものも繁盛。

088-05
花火は近郊の美濃加茂の業者がきて1500発の花火が打ち上げられた。山が近いので反響音もすごい。

088-06
写真がへたくそで恐縮。赤や青や緑の華やかな色合いの大きな(すぐ近くで打ち上げられているから)花火が目の前で大きく開いていたが、小さなデジカメではムリだった。

実体はよくわからないが、県でも市でもなく一町村内の一地区?の規模でやるお祭りにしては大規模。集客数も相当多い。去年はマゴたちと早めに帰ったので花火の時間まではいられなかったが、今年はゆっくり最後のくじ引きまで付き合った。
スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫