クルマのある風景(490)= 年末

 2016-12-30
2016年も残り少なくなりました。ブログの更新滞ってます。

490-01.jpg
今年の冬は寒くなりそうな気配ですが、庭の梅はもう蕾が膨らんでいます。

490-02.jpg
息子が用意してくれたi-phoneなんですが、何と落として壊してしまいました。手にいっぱい荷物持っていてドアの鍵を開けるときにポロッと・・・・。ネットで調べてもらって何とか修理が間に合いました。1万円以上かかりそうな話でしたが8800円でやってもらいました。液晶画面は読めるし中身は大丈夫だったんですが、皹のスジが酷くていつまでもこのままにしておくわけにもいかず・・・。年末にこの出費は痛いけど。

490-03.jpg
年末の集計です。パンダは今年3万2464km走って、燃料は1476・47リットルを消費。平均燃費は22・0km/Lです。軽油が安かったせいかリッター/キロよりも、1kmあたりの値は4・1円/kmと安くすみました。購入以来の総平均は21・9km/Lです。年内に10万キロ行くかなー・・と思ったのですが来年に持ち越しです。まだ3年たってはいません。

皆様どうぞよいお年をお迎えください。


カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(1)

クルマのある風景(476)=VWビートル1・4

 2016-11-10
VWビートルに1.4L仕様が追加された。

476-01.jpg
もはやRR時代の復刻版というイメージはなくなり、独立した車種として個性的な人気を博するにいたっている。

476-02.jpg
ゴルフでお馴染みの1・4リッターユニットが納まる。150ps/250Nmを発生する。

476-04.jpg
2ペダル、右ハンドル仕様のみ。サイドブレーキはレバー式。

476-05.jpg
座面後傾斜角の大きさはVW伝統。腰が前にずれてきにくいから疲れない。シートバックに上体を預ける姿勢を作り出す要点。

476-06.jpg
ハッチバックの開口部はこのように大きい、が、ボディ剛性は強固。

476-07.jpg
1.4リッター仕様は活発で良く走る。

9日というエンバーゴがありました。乗ったのは先日のオールラインナップ試乗会です。
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(480)=W-10からW-7へ

 2016-10-27
Windows10関連の災難はその後どうなりましたか?というお問い合わせを戴いたのでお知らせします。
一時はW-8に戻したのですがどうにも具合が悪く、そのまま放っておきましたが、最近になって友人が直してくれるというので預けておいたところ、何とW-7になって戻ってきました。中身をそっくり移し換えてくれたようです。詳細は私にはわかりませんがプロは簡単にやってしまうようです。感謝感謝!。持つべきものは友達ですね。

480-01.jpg
窓がいっぱいあって・・・W8もよく使い方がわかりませんでしたが、このブルーのシンプルな画面が出てきて一安心。

480-02.jpg
コレ大事に使います。

480-03.jpg
これは100均で見つけたものですが、砂時計のようにも使えます。約1分でブルーの粒が下に落ちます。その際に中間の歯車がクルクル回って楽しい。100均とはいえ300円で買いました。他にもいろいろ面白いものがあって100均大好きです。
その後方に置いたのは今年30回目となるフレンチブルーミーティングの案内状です。

480-04.jpg
昨年はいけなかったんですが、今年は行きます。今度の週末です。皆さんクルマ山でお目にかかりましょう。

480-05.jpg
いつものようにR20号の下道で行きます。


カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(474)=VWオールラインナップ試乗会

 2016-10-15
VWオールラインナップ試乗会は富士の麓で行われました。

474-01.jpg
ゴルフ・ヴァリアント。まず最初はコレにする。1・2リッターエンジンで大きなボディながら良く走る。

474-02.jpg
ビジネスユースでなくとも実用的なアシとしては、長尺物も積めるし便利。

474-03.jpg
ちょうどいいお手ごろサイズ。

474-04.jpg
パサート2リッター。1・4が標準と考えると2リッターは高性能仕様。大きくて速く快適なクルマの一台。

474-05.jpg
電動ガラスサンルーフは室内も明るく快適。

474-06.jpg
ボンネットはガスダンパーつきで軽く開く。

474-07.jpg
ティグアン。ちょっと高いところから見下ろす感じのお手ごろサイズのSUV。

474-08.jpg
ゴルフ・バリアントに比べ荷物を積むにしても乗り込むにしても、もぐりこむ感じでなく体勢はそのまま横移動ですむ。

474-09.jpg
このロードクリアランスならば草原や雪道などの走破性も高い。

474-10.jpg
ポロGTI。これが本日の私のお目当て試乗車。同業者のだれも借り手がなくポツンと空欄になっていた。

474-11.jpg
6段マニュアル、3つのペダル、レバー式サイドブレーキ、これだけでも魅力いっぱい。

474-12.jpg
エンジンは1・8リッター。高性能車です。

474-13.jpg
コンパクトな外観ながら初代ゴルフより大きい居住空間がある。VW系でアシのセッティングはこのポロがベスト。ラバーブッシュのコンプライアンスの採り方が最良。

474-14.jpg
6段マニュアルのギアポジションは明確で手ごたえ十分。ストロークはやや大きめながら確実。シフトは軽い。

474-15.jpg
VW全車の中のベスト。この日に用意されていた試乗車のなかから乗って帰れるとしたらコレですネー。

カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(475)=トゥインゴとスマート

 2016-10-09
WebCGの取材でトゥインゴとスマートを乗り比べるチャンスがありました。

475-01.jpg
トゥインゴはFFからRRへと大きく変わった。その昔ルノーは(4CVからキゃトルへ)、RRからFFに変わった歴史をもつが今度は逆だ。それもまたオモシロい。宗旨変えというより量産効果によるコストダウンを狙って、ボディ骨格やパーツを共用することにしたわけだが、チューニングによりフランス車とドイツ車と見た目も違うし、ちゃんと性格分けされているところが現代の技術だ。

475-02.jpg
スマートは1リッターNAと900ccターボの2つのエンジンが用意されている。

475-03.jpg
トゥインゴの室内は比較的あっさりスッキリとまとめられている。

475-04.jpg
スマートはでこぼこと激しくいろいろなものが独立して付加されておりそれなりにドイツ的。

475-05.jpg
トゥインゴのシートはランバーサポートなどの調整機構はないが、見た目の印象ほどソフトではなくしっかり硬く作られている。表皮は布製。

475-06.jpg
スマートのシートは表皮が本皮で覆われている。が、形状や骨格はトゥインゴと同じものか。アームレストもある。

475-07.jpg
カングーなどにも似た最近のルノー顔は、可愛いけれども強さもあり。

475-08.jpg
4枚ドアの存在もはっきり打ち出したセダン・デザイン。並べるとまったく違う車に見える。

475-09.jpg
16インチ・ホイールの中には立派なアルフィン・ドラムが見える。ディスクより強力に効きそう。

475-10.jpg
スマートはここに独立したタコメーターと時計が備わる。

475-11.jpg
リアシートの居住空間はこんなものだが、ちゃんと4人は乗れそう。バックレストを垂直位置で固定する工夫もあり、荷物など積む際の利便性を図っている。

475-12.jpg
燃料はハイオクタンを必要とする。燃料タンクの絶対量は少ないし、満タンにしにくい。

475-13.jpg
ルノーは鍵付きのキャップ。

475-14.jpg
スマートは鍵なしで紐つき。

475-15.jpg
後姿もそれぞれに個性的。
トゥインゴ189万円。スマート256万円。来年といわれているトゥインゴの5段マニュアルがどんな仕様で入るか、NAの1リッターならイイナーとか、いくらなのか興味あり。詳細なインプレッションはWebCGをご覧ください。


カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(1)
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫