クルマのある風景(480)=W-10からW-7へ

 2016-10-27
Windows10関連の災難はその後どうなりましたか?というお問い合わせを戴いたのでお知らせします。
一時はW-8に戻したのですがどうにも具合が悪く、そのまま放っておきましたが、最近になって友人が直してくれるというので預けておいたところ、何とW-7になって戻ってきました。中身をそっくり移し換えてくれたようです。詳細は私にはわかりませんがプロは簡単にやってしまうようです。感謝感謝!。持つべきものは友達ですね。

480-01.jpg
窓がいっぱいあって・・・W8もよく使い方がわかりませんでしたが、このブルーのシンプルな画面が出てきて一安心。

480-02.jpg
コレ大事に使います。

480-03.jpg
これは100均で見つけたものですが、砂時計のようにも使えます。約1分でブルーの粒が下に落ちます。その際に中間の歯車がクルクル回って楽しい。100均とはいえ300円で買いました。他にもいろいろ面白いものがあって100均大好きです。
その後方に置いたのは今年30回目となるフレンチブルーミーティングの案内状です。

480-04.jpg
昨年はいけなかったんですが、今年は行きます。今度の週末です。皆さんクルマ山でお目にかかりましょう。

480-05.jpg
いつものようにR20号の下道で行きます。


カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(474)=VWオールラインナップ試乗会

 2016-10-15
VWオールラインナップ試乗会は富士の麓で行われました。

474-01.jpg
ゴルフ・ヴァリアント。まず最初はコレにする。1・2リッターエンジンで大きなボディながら良く走る。

474-02.jpg
ビジネスユースでなくとも実用的なアシとしては、長尺物も積めるし便利。

474-03.jpg
ちょうどいいお手ごろサイズ。

474-04.jpg
パサート2リッター。1・4が標準と考えると2リッターは高性能仕様。大きくて速く快適なクルマの一台。

474-05.jpg
電動ガラスサンルーフは室内も明るく快適。

474-06.jpg
ボンネットはガスダンパーつきで軽く開く。

474-07.jpg
ティグアン。ちょっと高いところから見下ろす感じのお手ごろサイズのSUV。

474-08.jpg
ゴルフ・バリアントに比べ荷物を積むにしても乗り込むにしても、もぐりこむ感じでなく体勢はそのまま横移動ですむ。

474-09.jpg
このロードクリアランスならば草原や雪道などの走破性も高い。

474-10.jpg
ポロGTI。これが本日の私のお目当て試乗車。同業者のだれも借り手がなくポツンと空欄になっていた。

474-11.jpg
6段マニュアル、3つのペダル、レバー式サイドブレーキ、これだけでも魅力いっぱい。

474-12.jpg
エンジンは1・8リッター。高性能車です。

474-13.jpg
コンパクトな外観ながら初代ゴルフより大きい居住空間がある。VW系でアシのセッティングはこのポロがベスト。ラバーブッシュのコンプライアンスの採り方が最良。

474-14.jpg
6段マニュアルのギアポジションは明確で手ごたえ十分。ストロークはやや大きめながら確実。シフトは軽い。

474-15.jpg
VW全車の中のベスト。この日に用意されていた試乗車のなかから乗って帰れるとしたらコレですネー。

カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(475)=トゥインゴとスマート

 2016-10-09
WebCGの取材でトゥインゴとスマートを乗り比べるチャンスがありました。

475-01.jpg
トゥインゴはFFからRRへと大きく変わった。その昔ルノーは(4CVからキゃトルへ)、RRからFFに変わった歴史をもつが今度は逆だ。それもまたオモシロい。宗旨変えというより量産効果によるコストダウンを狙って、ボディ骨格やパーツを共用することにしたわけだが、チューニングによりフランス車とドイツ車と見た目も違うし、ちゃんと性格分けされているところが現代の技術だ。

475-02.jpg
スマートは1リッターNAと900ccターボの2つのエンジンが用意されている。

475-03.jpg
トゥインゴの室内は比較的あっさりスッキリとまとめられている。

475-04.jpg
スマートはでこぼこと激しくいろいろなものが独立して付加されておりそれなりにドイツ的。

475-05.jpg
トゥインゴのシートはランバーサポートなどの調整機構はないが、見た目の印象ほどソフトではなくしっかり硬く作られている。表皮は布製。

475-06.jpg
スマートのシートは表皮が本皮で覆われている。が、形状や骨格はトゥインゴと同じものか。アームレストもある。

475-07.jpg
カングーなどにも似た最近のルノー顔は、可愛いけれども強さもあり。

475-08.jpg
4枚ドアの存在もはっきり打ち出したセダン・デザイン。並べるとまったく違う車に見える。

475-09.jpg
16インチ・ホイールの中には立派なアルフィン・ドラムが見える。ディスクより強力に効きそう。

475-10.jpg
スマートはここに独立したタコメーターと時計が備わる。

475-11.jpg
リアシートの居住空間はこんなものだが、ちゃんと4人は乗れそう。バックレストを垂直位置で固定する工夫もあり、荷物など積む際の利便性を図っている。

475-12.jpg
燃料はハイオクタンを必要とする。燃料タンクの絶対量は少ないし、満タンにしにくい。

475-13.jpg
ルノーは鍵付きのキャップ。

475-14.jpg
スマートは鍵なしで紐つき。

475-15.jpg
後姿もそれぞれに個性的。
トゥインゴ189万円。スマート256万円。来年といわれているトゥインゴの5段マニュアルがどんな仕様で入るか、NAの1リッターならイイナーとか、いくらなのか興味あり。詳細なインプレッションはWebCGをご覧ください。


カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(1)

クルマのある風景(468)=スバル・レヴォーグSTIスポーツ

 2016-09-30
WebCGの取材でレヴォーグSTIスポーツ(1600)に乗りました。
インプレッションはアチラをご覧ください。

468-01.jpg
最近の欧州車にも似た雰囲気を持つ外観はなかなか強そうに見える。

468-02.jpg
内装の仕上げも上々。皮シートの仕上げもサラーッとして上品。

468-03.jpg
丸目二つのメーターもやはりこれが見やすく正統派。

468-04.jpg
アイサイトの車間距離の設定などもこれで行える。AペダルにもBペダルにも触れずに前車に追尾できる「自働運転機能」は確かに便利。でも個人的には使う気になれない。自分でやるからこそオモシロいのだから。

468-05.jpg
ちょっとアウディっぽい?。

468-06.jpg
コンビニ駐車場でも無用に大きすぎる感覚はないちょうどいいサイズか。

468-07.jpg
タイア/ホイールは18インチ。

468-08.jpg
バックドアは開けても雨の日の傘にはならない角度。
コレは売れる要素がいっぱいある車のような気がします。
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(467)=ルノー・トゥインゴ

 2016-09-09
トゥインゴ登場。

467-01.jpg
TWINGO PARIS これを前面に打ち出す。

467-02.jpg
リア・エンジンゆえフロントアクスル周辺にできた余裕を利し、前輪舵角を良く切れるようにした。

467-03.jpg
エンジンの上とリアシートを使えば荷室も980L確保される。

467-04.jpg
前席背もたれを倒せば2mの長尺物も運べる。

467-05.jpg
キャンバストップで199万円。

467-06.jpg
エンジンのフタは6本のボルトを外す。

467-07.jpg
試乗会は芝公園を起点に行われた。

467-08.jpg
フランス製小型車らしく小さくとも4ドア。ドアハンドルは上の黒い部分に隠して見せる手法。

467-09.jpg
キャンバストップは電動。

467-10.jpg
トップの開閉はサイド・ウィンドウの開閉と同じような感覚で使える。

467-11.jpg
ガラスハッチは単独で開閉でき、小さな荷物など放り込める。

467-12.jpg
試乗会の最終枠。雨が止んで、東京タワーはエッフェル塔のようでした。
トゥインゴいいなー・・・パンダの後継車に考えられなくもありません。現地仕様にMTあるのかなー・・?でも、6速デュアルクラッチの2ペダルもダイレクト感覚があったし、自働変速でもそれほど違和感ありません。耐久性あればコレもいいかも。この型も長期間にわたって作られるだろうから、とりあえずはパンダ君の20万キロ走破を見届けねば・・・・。
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫