クルマのある風景(516)=安曇野・鈴虫温泉

 2017-05-30
月曜の朝、いつものようにマゴ達を集団登校の集合地点まで送ってから帰路につく。

516-01.jpg
今年はナンジャモンジャの花が遅い。真っ白で繊細な花びらはまるで雪が枝に載っているように見える。

516-02.jpg
まだ咲き始めたばかり。次に来る頃にはもう終わっているだろうか。大木になるらしく適当な時期に切ってしまう人も多いらしい。この樹の盆栽を作ると面白いかもしれない。

516-03.jpg
玄関の軒先には今年もツバメがやってきて子育てしている。

516-04.jpg
朝の散歩はこんな木々の間から木漏れ日が射す。この気持ちよさはたとえようも無い。

516-05.jpg
この日の朝の御嶽山。ちょっと頂上付近には雲がかかっている。

516-06.jpg
木曽の山々はいろいろな木が生い茂っていて緑も色とりどり。

516-07.jpg
物味湯産手形でまだ行っていない場所を探していってみる。ここは松本から青木湖へ抜けるR147の安曇野付近。前方は北アルプス白馬岳方向。鈴虫荘という温泉へ行ってみる。ここも手形で入れるのは今回が最後と言われてしまった。新しい手形はここでも入手不可。ふだんの入湯税は500円。湯質は弱アルカリの放射能泉ということになっている。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(515)=黒川の朝市

 2017-05-30
第四日曜日なのでまた黒川の佐久田神社へ。

515-01.jpg
道の駅・白州、ここの水は確かに名水だ。今まではペットボトルに入れて旅の間の飲料水にしていたが、この水でコーヒーを淹れてみたらウマイことがわかったので、今度は大きな容器を用意してゆく。腐らないらしく大きなタンクで業務用に運んでいる人もいる。朝6時に出たらここに10時26分着。

515-02.jpg
R19の道の駅・日義・木曽駒高原には江戸と京都の中間地点であるという石碑がある。ここが我々の昼食地点。

515-03.jpg
その後道筋も変わったし、今なら266kmよりもっと近いかもしれない。ちなみに横浜の自宅より御殿場ー籠坂峠ー精進湖ー南アルプス市ー茅野ー杖突峠ー高遠ー権兵衛トンネルーR19ルートで車載メーターは267km。

515-04.jpg
そして往きには二本木温泉による。新しく物味湯産の手形を買おうと思ったら、最近になってリストから外れてしまったとのこと。もう買えない。やむなく6回/2800円の回数券を買う。

515-05.jpg
翌朝、黒川の朝市へ。9時からとなっているが、ちょっと早かったのでまだ店も全部出ていない。準備中。

515-06.jpg
ほう葉寿司や栗おこわ、そしてナオさんの五平餅、みたらし団子、タコ焼きなどで朝飯とするのが最近の慣例。早く来てこれらを買って家に持ち帰って食べようと思っていたら、すぐ後を追ってみんな来てしまったので、境内の森の中で食べる。裏には黒川の流れがあって涼しい。

515-07.jpg
ナオさんは毎回200本位用意するらしいが、予約がその9割以上を占めるとのこと。当日に来て食べたかったら早くくるしかない。
私はもう常連だから毎回10本確保してもらっている。

515-08.jpg
関市からきている刃物屋さんの掘り出し物。もちろん実用にも使えるが、最近ではインテリアの飾り物となることも多いらしい。

カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(514)=霊泉寺温泉

 2017-05-17
今日行っておかないと、今度は月末の朝市まで会えない。土曜の昼頃に決断、サーッと用意してすぐ出る。

514-01.jpg
デジカメなどいろいろ整理して点検、また使いたくなった古い機種を持っていくつもりだったが、目の前に置いといたのに忘れた!.
で、今回はアイホンで初めて撮ってみる。

514-02.jpg
ここは帰路に寄った上田の霊泉寺温泉の橋の袂。

514-03.jpg
アイホンのカメラも結構きれいに写る。でも操作が面倒なのであまり使いたくはない。

日曜日一日だけ遊んでもらって、月曜の朝には集団登校の集合点まで見送ってから帰路につく。
R19を北上して塩尻から和田峠を越えて中仙道ーR152-R254と回って霊泉寺温泉というところを訪ねる。ここは「物味湯産」の提携温泉リストの中から探した。共同浴場で小さなところだがダレもいなくて貸切。ヒトがいないのでうっかり置いてあるハンコを押し忘れ、そこに用意してあった料金箱に200円入れてしまった。お湯がどんどん流れていて気持ちよくて温まった。でも仮眠するような場所はナシ。朝食はいつもの木曽福島、昼食は白州、で甲府をパスして南アルプス市から芦川に抜ける。このルートは比較的クルマも少なく、茅ヶ崎で夕食をすませて帰宅して10時半だからまずまず。865km走って22・8km/L。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(513)=ツチノコさがし

 2017-05-06
今年もGWは東白川でツチノコさがし。

513-01.jpg
朝6時ごろの御殿場側から見た富士山。真っ白く冠雪した姿がイイ。

513-02.jpg
R20で茅野にでて、今回は杖突峠を越えて高遠に向かう。もうサクラの季節は終わっておりクルマも少ない。今は水仙や紅白のハナモモが綺麗。南アルプスの白い頂や青空との対比が素晴らしかった。

513-03.jpg
権兵衛トンネルを抜けてR19の道の駅・木曽駒高原で昼食。

513-04.jpg
往きの温泉は木曽温泉にする。御嶽山は少し噴煙を上げていた。

513-05.jpg
つちのこフェスタ、今年の懸賞金は128万円。

513-06.jpg
マス/アマゴの手捕りゲームは盛況。マゴ達が何処にいるか探すのも大変。とれなくとも一匹はもらえるのでその場で焼いて食べることが出来る。内臓を取ったり炭火で焼くなどの処理は主催者側でやってくれる。

513-07.jpg
息子や姪の家族なども集結するのがここ数年の恒例行事。息子は薪割りを初めて体験。

513-08.jpg
次の日の午後はバーベキュウ大会。コチラの親戚なども合流、全部で6世帯にもなる。子どもたちの数も増えて大盛況。
このU字溝の中に炭を入れて燃す方式はなかなか便利。風が横方向に通るから通風がよく火が起きる。網をのせて焼くにもサイドの壁が利用できて、火との距離も上から目視できる。垂れた油はそのまま燃えるし、灰は横から掻きだせる。2本つなげば大人数にも対応できる。

513-09.jpg
R19号、奈良井宿あたりに掛かる木製の大橋。

513-10.jpg
R19道の駅ならかわでちょっと仮眠。朝7時半ころに白川町をでて約2時間で木曽福島に着き朝ご飯を食べたら眠くなってきた。この辺のサクラはもう見頃のピークを過ぎているけれども、風にハラハラと舞う花びらも葉桜も綺麗

513-11.jpg
帰路に寄った温泉は美ヶ原の近くにある武石温泉「うつくしの湯」。ハナミズキが綺麗。

513-12.jpg
ここの温泉はトロトロとする濃いものでよく温まる。

513-13.jpg
佐久あたりからは浅間山が見える。この日は噴煙を上げていた。富士山も御嶽山も高い山で3000mを越す。浅間山は何メートル位あるんだろう?。

513-14.jpg
野辺山から清里、韮崎と抜ける。清里付近で恒例の鯉のぼりを見る。渋滞は部分的で概ね流れは良好。

513-15.jpg
山中湖までも順調で、籠坂峠もクルマは少なめであったが、R246に曲がった途端ストップ。連休らしい大渋滞にハマッテしまった。アイドルストップだけでなくキーオフで停止して待つことも多く、動いても数メートルという状況が松田まで続いた。御殿場から茅ヶ崎まで2時間50分は過去最悪。茅ヶ崎で遅い夕食を食べウチに戻ったのは11時47分。それでも今日中に帰ることが出来た。

今回の岐阜往復は1065km走って平均燃費=22・2km/L。ドラコン数字は24・9km/L。購入以来の通算全平均では21・6km/Lとなる。
 ☆失礼しました。読者の方から御嶽山は14番目で、富士山の次は北岳であると教えて戴きました。訂正してお詫びもうしあげます。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(512)=ミニクーパーDクロスオーバー

 2017-04-30
ミニクーパーDクロスオーバーに乗りました。
スマホの方が数日早い展開のようです。WebCGでご覧ください。
512-01.jpg
2月に新型がリリースされました。新型といってもパッと見にはあまり変わりません。ヘッドランプはややスクエアな形状になった。

512-02.jpg
スリーサイズがそれぞれ大きくなっている。もはやミニではないが「MINI」は固有名詞と考えればいい。

512-03.jpg
内装も立派。本革シートは43万7000円のオプション。

512-04.jpg
基本形で386万円ながら、この写真のモデルはオプション込みで510万2000円となる。

512-05.jpg
エンジンはBMWのディーゼルで150ps/330Nmとパワフル。

512-06.jpg
260km/hまで目盛られたスピードメーター。ふだんは2000rpm以下であるが8段ATによって速度はどんどん上がってゆく。

512-07.jpg
正面真ん中にはこんな大きな表示があり、スイッチ類も多くそこがミニ好きに好評。

512-08.jpg
燃料キャップは別にあってフタはフタで別にあり。パンダは外板がそのままフタとなる。JCO8モードで21・2km/L。

512-09.jpg
タイアは225/55R17と大径。

512-10.jpg
真後ろからみると3ナンバーの大きな車であると実感する。
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(1)
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫